垂れ幕の耐久性│垂れ幕・懸垂幕の印刷、作成は専門工場におまかせください。卸売りならではの低価格、業界最速お届けをめざします!

垂れ幕と横断幕のオリジナルデザインでの製作なら、激安販売の作成工場にお任せ下さい。

専門スタッフ待機中どんなご相談にもお答えします。営業時間9時~21時(休日:日曜祝日)電話番号:03-6237-0391

トップページ>垂れ幕の耐久性

垂れ幕の耐久性

当店のオリジナル垂れ幕の耐久性に関しては、生地だけでなく、その使用環境やプリント印刷方法などによってもかわって参りますので、一概に申し伝えることは出来かねます。

また、綿素材の様に、生地や染めが劣化してから、ようやくその魅力が引き立つようなものもご用意しておりますので、耐久性といった観点に縛られることなく、様々な角度から垂れ幕生地のご選択をしていただけますと幸いでございます。


【「価格重視お買い得垂れ幕」の耐久性】

激安でご製作いただけますテトロントロマット製の垂れ幕は、一般的には1~2年の耐久寿命とも言われておりますが、使用環境の差によって大きく左右されるため当店では一概に申し上げることは致しません。

生地としての強度では、ターポリン生地で制作された垂れ幕には劣ると言われています。


【「使いまわし可長持ち懸垂幕」の耐久性】

「使いまわし可長持ち懸垂幕」の作成で活用されるターポリン生地は、ビニール製のため、元々雨や汚れに強く、テントなどにも利用される耐候性のある屋外向きの堅牢な素材です。

当店で他にご用意しております、格安テトロン系生地や綿生地と比較しましても、重厚感と硬さがありますので、一般的には、より耐久性が高く長持ちすると言われております。

しかし、垂れ幕としての耐久年数に関しましては、雨風の当たり具合、生地のサイズや設置場所など、その使用環境により当然変わって参ります。

場合によっては、他の素材のほうが、結果として長期間ご利用いただけるケースもございますので、その点に関しては予めご了承いただけますと幸いでございます。


【「伝統綿本染め懸垂幕」の耐久性】

伝統的な本染めによる綿製垂れ幕は、他のものとは異なり、雨風やヤケによって品質が劣化してこそ、持ち味である風合いや趣きを楽しむことができます。

一般的な耐久性や強度といった観点で申し上げれば、ターポリン生地などと比較しますと若干低くなりますが、そもそも、生地や染めの特性上、そういった土台で語る必要のない素材と言えるかもしれません。


  • 無料お見積りはこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら