垂れ幕のよくある破損原因│垂れ幕・懸垂幕の印刷、作成は専門工場におまかせください。卸売りならではの低価格、業界最速お届けをめざします!

垂れ幕と横断幕のオリジナルデザインでの製作なら、激安販売の作成工場にお任せ下さい。

専門スタッフ待機中どんなご相談にもお答えします。営業時間9時~21時(休日:日曜祝日)電話番号:03-6237-0391

トップページ>垂れ幕のよくある破損原因

垂れ幕のよくある破損原因

使用環境によって差が出るため一概に申し伝えることはできませんが、当店の激安オリジナル垂れ幕は、お手入れ次第で長期間品質を保持できるものでございます。

「まだ使えたのに破損してしまった」となってしまいますと、当店としても非常に残念に思いますので、下記のポイントには特段ご注意の上、特注垂れ幕をご愛用いただけますと幸いでございます。


【「価格重視お買い得垂れ幕」のよくある破損原因】


■垂れ幕をアイロンや乾燥機にかけますと変色、変形する恐れがございます。

「価格重視お買い得垂れ幕」は、テトロントロマットという化繊素材で製作されておりますので、そもそも綿素材のもの等と比較しますと高熱には弱い素材です。変形の恐れがございますので、アイロンや乾燥機の使用はお控え下さいますようお願い致します。

また、通常小ロットのご制作ですと、一般的に格安でご印刷可能な昇華転写を採用させていただきますが、こちらも高熱を利用して色を固着させている特性上、アイロンや乾燥機などによって色流れが発生する恐れがございます。十分ご留意下さいませ。


【「使いまわし可長持ち懸垂幕」のよくある破損原因】


■お手入れ時、強く擦りますとインク部分が剥がれてしまう恐れがございます。

お手入れ時は必ず少し濡らした柔らかい布をご利用になり、優しく拭き取るような形で汚れを落としてください。

「使いまわし可長持ち懸垂幕」の作成にご利用いただくターポリン素材は、生地も厚く、重量感があり見た目にも丈夫なものとわかるため、つい粗雑に扱われがちとなります。

インク部分に関しては生地の堅牢さとは無関係ですのでご注意いただけますと幸いです。


■垂れ幕を畳んで保管されると、プリント面が剥がれる恐れがございます。

ターポリン生地で作られた垂れ幕を保管する際は、必ず印刷面を内側にされ、ロール状に丸める様な形をとっていただくようお願いしております。テトロン素材や綿素材と同じように畳んでしまいますと、インク部分が破損してしまうおそれがございます。ご注意下さいませ。


  • 無料お見積りはこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら