垂れ幕のカラー│垂れ幕・懸垂幕の印刷、作成は専門工場におまかせください。卸売りならではの低価格、業界最速お届けをめざします!

垂れ幕と横断幕のオリジナルデザインでの製作なら、激安販売の作成工場にお任せ下さい。

専門スタッフ待機中どんなご相談にもお答えします。営業時間9時~21時(休日:日曜祝日)電話番号:03-6237-0391

トップページ>垂れ幕のカラー

垂れ幕のカラー

当店の特注格安垂れ幕をオーダーされる際は、その配色にもご注意下さいませ。

色の組合せや活用シーンとのマッチ具合により、その効果性は大きく左右されます。

こちらのページでは、特注懸垂幕にどのようなカラーをお選びいただくのが最適か、そのヒントとなるような情報をご紹介させていただいております。ご参考までにご一読いただけますと幸いでございます。


【色の組合せにご注意下さい】

「激安」「ワンコイン」などのキャッチーなフレーズを数多く挿入しても、懸垂幕上の色のバランスが悪いと、その視認性にも影響がでてしまいます。

例えば、同系色の色を重ねてしまい、肝心のメインフレーズが読みにくい状態になってしまうなどのミスは頻繁にございます。垂れ幕制作時の配色には、特にご留意いただけますと幸いでございます。


【視認性の高い色をご選択下さい】

赤黄青の三色は三原色と呼ばれ、非常に濃く明確な色合いです。

垂れ幕においても一際目立つため、特段、販促用途のものを作成される場合には背景色、文字色を問わず頻繁にご活用頂きます。

なかでも、赤や黄は自然界のなかで、警戒色として用いられていることもあり、本能的に注意を向けさせる効果が確認されています。標識やその他広告媒体などでも頻繁に使用されているのは、その高い訴求力の証ともいえます。


【三原色が適さないケースもございます】

上記のように訴求力が高く垂れ幕製作においてしばしば利用される原色ですが、万能ではございません。

例えば、オシャレで垢抜けたカフェなどで掲出される小型の垂れ幕であれば、原色はかえってけばけばしい印象を与え、お客様を遠のけてしまう可能性すらございます。

こういった場面ではワインレッドやモスグリーン、ベージュといった落ち着いた色合いでプリントされたほうが、状況にマッチした垂れ幕をお作りになれます。

また、店舗様に既にオリジナルのイメージカラーがある場合も同様です。垂れ幕に対して派手な原色を使用することで、そのブランドカラーを崩してしまうことがございますので、こういった際も印刷色にご留意くださいますようお願い致します。


  • 無料お見積りはこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら